■ 保育内容  

: 園の紹介

 「子どもの家」の名は“子どもたちが主人公で、一日中明るくのびのび生活できるところ”を願ってつけました。保育園は昼間の大きな大きな子どもの家と考えています。


 日常保育の中では異年齢での交流やたてわり保育を実施しています。また、日常保育や季節の行事を通し、自然を体いっぱいに感じながら仲間とのつながりを大切に保育をしています。日々のさまざまな体験を通し、子ども・保護者・保育園が共に育ちあう仲間でありたいと思います。

 

< 保育理念 >

人と自然に接し 人を愛し 自然を愛し 自分から遊べる自主性

とらわれることのない自由な心を持つ大きな子に

 

 < 保育基本方針 >

● 夢や遊び心を持って自然の中でのびのびと生活するようにする。

● いろいろな仲間と過ごす中でお互いを理解するようにする。

● 地域の人たちとの交流が自然にできるようにする。

● 小さいクラスから大きいクラスまで一緒に生活する中でお互いを見ながら
   育ちあう関係を大切にする。

 

< 年間行事予定 >

年間の行事予定につきましては、下記リンクをご覧ください。

  

< デイリープログラム >

一日の流れについては、下記リンクをご覧ください。

  

 

ワークショップ(陶芸)

食育でお茶を点てました。

どろんこ遊び、楽しいな!!

 

ZAMA KODOMONOIE NURSERY SCHOOL All rights reserved. 2014