西高津くさはな保育園

お知らせ

ごあいさつ

当園は2019年4月に川崎市立西高津保育園(定員95名)を引継ぎ、現在の場所に移築民営化して200名定員とし、西高津くさはな保育園と名称変更を行い出発しました。
名称を西高津くさはな保育園とした由来は二つあります。一つ目は、今までのこの地に根付いた西高津という地名と伝統を大切にすることです。二つ目は、新しく建設した園舎の周りと園庭にはたくさんの樹木と草花があり、それを見わたせる回廊があることです。自然を受け容れるとともに、また包まれるという環境が「くさはな」という名に象徴されています。
くさはなは大地に根差し、根づき、空に向かってのび上がる生命力を持っています。そして地上では葉が茂り、花が咲き、実を結び、人にやさしく語りかけます。子ども達は大地の恩恵を享受するとともに、自然と一体になって成長し、世界をつくっていきます。
その世界にもちろん人々も集いますが、虫や鳥も集まります。この小宇宙が西高津くさはな保育園なのです。
 
園舎はやわらかい国産の杉材を使った床や腰壁、チャフウォールという貝の粉で壁を覆い、安全・安心を大切にしました。保育室は広めにとり、パーテーションや家具で仕切り稼働できるようになっているので、異年齢交流保育等にも対応できます。ランチルームもあり、食育活動の充実に活用しています。大きいホールは子ども200名が入ることができる集いの広場です。室内でも伸び伸び遊ぶことができます。

子どもひとりひとりの人間性を育むことを軸に、人と自然と関わり育ちあい、自主性を高めて行くことを大切にして保育をしている、それが西高津くさはな保育園です。

保育理念

人と自然に接し 人を愛し 自然を愛し
自分から遊べる自主性
とらわれることのない自由な心を持つ大きな子に

         

保育方針

  • 安全で豊かな環境での活動を通し、健康な身体を育む保育

  • たくさんの経験を通して豊かな心と自主性を育てる保育

  • いろいろな子ども、異年齢の子どもとの関わりの中で共に育ち合う保育

  • 保護者と保育園が共に子どもの成長を見守り、育てる保育

  • 地域の人たちとの交流が自然にできる開かれた保育

1日の流れ・年間行事

1日の流れ

年間行事

         

園概要

運営社会福祉法人 寿会 >>  法人ホームページ
所在地〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口6丁目10-2
連絡先TEL:044-543-9311

アクセス

TOP